上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
CALENDER

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

CATEGORY

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

LOVE

BLOG PEOPLE


"List me☆ by BlogPeople

なかのひと


--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
2006.01.30 オリバーツイスト
19世紀、英国。
天涯孤独の少年オリバーが、幾多の苦難に遭いながらも
純粋な心を失うことなく本当の幸せをつかむまでを描いた感動の物語。



昨日観て来ました、オリバーツイスト

ロマン・ポランスキー監督の最新作
文豪チャールズ・ディケンズの名作を完全映画化した感動巨編。
原作がとても有名みたぃなのですが、わたしはまったく知りませんでした(ノ∀`)
なので予備知識いっさいナシの感想です

まず、素晴らしかったのは19世紀のロンドンを忠実に再現しているところ。
まるでタイムスリップしたかのような気分になりました。
貧富の差関係なく、街ゆく人々の格好が素敵です
とくに子供スリ団の子たちの服装がオシャレでかわいかった!
トレンチにシルクハットが決まってました(*´∀`*)

****
今作で描かれるのは善悪の判断をつけにくい、思い通りに生きていくことの難しい時代、
そんな心の痛む世界に生まれたのがまっすぐで無垢な心の持ち主のオリバーでした。
彼は生きるために仕方がなく、と自分を騙してきた人々の心に迫っていきます。

ラストのシーンで涙がポロポロとこぼれ落ちました(´;ェ;`)
オリバーは人がみな持ってるはずの善の心を写す鏡だったのではないでしょうか。
生きていくためには仕方がなかったかもしれない、
そういう判断をしなければならなかった時代がとても悲しかったです。
馬車の中から見えた光景に胸がはりさけそうでした。。。

現代、わたしたちは自分で選ぶことのできる世界にいます。
それでも悲しいことやつらいことは起こりますよね…。
でもできる限り、オリバーのように善の道を選んでいけたらなぁと思うのです。

見終わった後も、話の続きがきになる作品でした。
少し、足りなかったぁと思うところはオリバーの描写。
もう少し受身だけではない彼も観てみたかったなぁ(*´ー`*)。o○

★★★★
フェイギンはアカデミー賞の予感

my life Comments: 2 Trackbacks: 1

←吟遊詩人の酒場  PTはむずかしい→


何か元気がありそうな少年ですね(^-^)

すごく魅力を感じる映画なのでレンタル島す^w^;
・・・レンタルでもいいよね?!
2006.02.04 sakamotti URL

元気はね~、ないのー(ノ∇`*)
オリバーくんはすごく大人しくて純粋な子ですw
色んなブログ読んでたら結構批判的な記事多くて;
『子供スリ団の子供たちとオリーバーの熱い友情!』
とかを期待して見るとヾ(*`□´)ノウアーーってなっちゃうかもw

レンタルで1人でゆっくり観るのもいいと思うな☆
観たあと結構悲しくなっちゃうので(´;ェ;`)
2006.02.05 たぁにゃ URL











管理者にだけ表示を許可する



トラックバックURL
http://susieq.blog29.fc2.com/tb.php/72-e36b15bd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【劇場鑑賞8】オリバー・ツイスト(OLIVER TWIST)
涙のあと幸せはやってくる。 ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!2006/01/31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。